ダイエットのカウンセリングをしていると「最近太ってしまって、体重計に乗るのが怖くて測ってない」という人がたまにいらっしゃいます。やせる為にはまずは現実を知ることが大切です。

当店では、ダイエットをされているお客様に必ず「グラフ化体重日記」という体重のグラフをつけてもらっています。グラフ化体重日記はダイエットを成功させる上で最も重要なアイテムです。

起床直後、朝食直後、夕食直後、そして寝る直前4回体重計に乗ります。

なぜ4回も体重を測るのかというと、体重は1日の中でも食べた量や、内容、運動、睡眠時間、排泄など様々な要因で変化をしているので、体重が落ちた日は何が原因で落ちたのかを詳しく探るためです。

また、グラフの山の高さや、夜の体重の落ち方などでその人の生活や特徴がいろいろ見えてきます。

コモのグラフ

上の写真の人のグラフは減量が順調な人のグラフです。

4月30日と5月2日が「へ」の形になっています。

こういう「へ」の字のグラフが書けると体重は落ちてきます。注目してほしいのは朝食直後から、
夕食直後の体重の変化。ここで下がると、「へ」の字が作りやすいんですね。

ここが落ちるのは、お昼や夕食の量、そして日中の活動量などいろいろな要因があります。

皆さんも是非、いろいろ工夫してみて「へ」の字グラフを目指してみてください。

グラフ化体重日記をつけてみたい方は、お店に用紙がありますので、お気軽にご相談ください。